妊活のときに1日に必要な葉酸の量と摂取のコツを知っておこう

妊活をしていきたいと考えたときにはどの程度の葉酸を摂取したら良いのでしょうか。国が定めている基準や一般的な口コミからの情報を参照して必要量を理解しておきましょう。ただ、頭ではわかっていても十分には葉酸を摂取できないという人もいるはずです。

どうやったら必要量にいつも到達できるようになるのかも紹介します。

厚生労働省が定めている葉酸の摂取量を知ろう

まず厚生労働省が発表している葉酸の摂取量の基準について知っておくのが大切です。一日量として18歳以上の女性の場合には240マイクログラムの摂取が推奨されています。妊活をする年代なら大抵はこの基準で良いでしょう。

必要量は200マイクログラムと推定されていますが、240マイクログラムなら誰もが健康も増進できると考えられます。ただし、妊活をしたいと考えている人の場合には注意点があります。妊娠中の女性の場合には推定必要量が200マイクログラム、推奨量が240マイクログラム上乗せされるのです。詳細>美的タウン … 葉酸妊婦サプリメント

また、授乳中の女性も推定必要量が80マイクログラム、推奨量が240マイクログラム追加になります。これは葉酸の不足によって神経管閉鎖障害と呼ばれる障害を赤ちゃんが負うリスクが高くなってしまうという知見があるからです。

そのリスクを低減させるために求められている摂取量が400マイクログラムから480マイクログラムということになります。この用量が推奨されている人は実は妊娠を計画している女性や妊娠の可能性がある女性も含まれているので、妊活をするときにはこのような摂取量を目指して葉酸の摂取を心がけるのが賢明です。

妊活中も摂取量を増やす意味があるのか

妊婦の葉酸の摂取量を増やすのは生まれてくる赤ちゃんのためだと考えれば納得できるでしょう。しかし、妊活中はまだ妊娠している段階ではありません。神経管閉鎖障害に関する臨床的なデータでもあくまで妊娠している女性を対象として葉酸の摂取量がどの程度だったかを確認しただけなので、妊活中にどうだったかについてはよくわからないのが事実です。

それでは妊活中にも一日の摂取量を増やす意味はないということになるのでしょうか。実は妊活中も葉酸の摂取量を増やすことで二つのメリットが生じます。一つ目は神経管閉鎖障害のリスクを下げる上では妊活中の摂取の方が重要と考えられる面があることです。

妊娠していると気づくのは実は受精が起こってからだいぶ経ってからのことの場合がほとんどです。妊娠してから葉酸の摂取量を増やせば良いと思っていた人は、発覚したときには既に何週間も葉酸不足の日々を過ごしてしまっています。

妊娠初期に葉酸が不足していたケースほど障害が発生するリスクが高いと示唆されているため、妊活中から葉酸を十分に摂取しておくのが重要なのです。もう一つのメリットは妊娠しやすい身体を作れる可能性があることです。

妊娠したいと思っていても身体の方が受け入れ態勢を整えられていないといつまでも妊娠できません。葉酸が不足していると血液を作るのが滞ってしまい、貧血になりやすくなります。また、生理周期にも影響を及ぼすことが多く、排卵日が定まらずに困ってしまうことにもなりがちです。

妊婦と同じように十分な葉酸を摂取していれば、今まで貧血や生理不順で悩まされていた人も短い期間で改善できるでしょう。一朝一夕にして良くならなくとも、着実に妊娠しやすい身体を作り上げていくことができます。

葉酸を多く含む食品を取り入れよう

それでは十分な葉酸を摂取できるようにするにはどうしたら良いのでしょうか。葉酸は毎日摂取することが大切なので、一日だけたくさん摂取できれば良いというわけではありません。単純かつ効果的な方法としてまず挙げられるのが、葉酸を多く含む食品を食生活に取り入れることです。

青菜と言われるものは比較的葉酸を多く含んでいます。ほうれん草やモロヘイヤ、春菊やわけぎなどが代表的なものです。ただ、100gあたりの含有量が多いだけなので、このような食品はもともとあまり重量がないのが問題になるでしょう。

枝豆、ブロッコリー、アスパラガスは葉酸の摂取に向いています。枝豆なら100g食べれば260マイクログラムもの葉酸を摂取できるので、あと120マイクログラムで妊活中でも十分になります。

ブロッコリーも100gで120マイクログラム含んでいるため、この二つを組み合わせるだけで一日量はクリアできてしまうのです。この他にも動物性のものとしてレバーや卵黄、ウニやすじこには葉酸が豊富に含まれています。

上手に食生活に取り入れていけば妊活するのに十分な葉酸を毎日摂取できるようになるでしょう。

葉酸サプリを使ってみよう

妊活のためとはいえ食生活を大きく変えるのは大変です。どの食品を見ても、あまり好きにはなれないものばかりという人もいるかもしれません。もっと簡単に葉酸を摂取できるようにしたいと考えたら葉酸サプリを使ってみましょう。

様々な種類のサプリが出回っていて、葉酸だけ摂取できるものもあれば、ビタミンB群を一通り摂取できるもの、他のビタミンやミネラルまで補給できるものもあります。さらに、妊活用にデザインされた葉酸サプリもあり、一日量を飲めば400マイクログラムから480マイクログラムを摂取することが可能です。

気軽に葉酸の摂取量を増やせるのが最大のメリットなので検討してみましょう。

妊娠後も続けられる方法を選ぼう

妊活のために葉酸の摂取方法を考えるときには、妊娠後も続けられる方法を選ぶのが大切です。嫌いな食品を無理に食べて葉酸の摂取量を増やし、めでたく妊娠できたとしてもなかなか長続きしないでしょう。それが原因で葉酸の摂取量を減らしてしまうことになるかもしれません。

特に妊娠中はつわりもあるので食事がろくにできなくなるケースもあります。好きなものすら口にできなくなってしまうリスクもあると考え、それでもなお葉酸を摂取できる方法を選んでおくのが無難です。その点で葉酸サプリは優れています。

味も香りもないサプリを選べば、水さえ飲めれば葉酸の摂取を絶やさないことができるでしょう。これだけ飲んでいれば大丈夫という安心感もあり、妊娠中にありがちなストレスも軽減されます。葉酸の摂取を妊活中からずっと続けていこうと考えたら、一日量を簡単に摂取できる葉酸サプリを選ぶのがコツなのです。